お問い合わせ

blog

組織開発フォーラム2012

3月14日と15日に日本能率協会主催で『組織開発フォーラム2012』が開催されました。

 

「組織開発」は、企業にとって古くて新しい、しかもとても重要なテーマです。90年代以降、特に人間観や組織観の変化、情報化社会の進展によって、組織のあり方も組織開発の考え方も大きく変わってきました。

 

同フォーラムにおいて、八木は「組織の未来と組織開発」というテーマでお話をさせていただきました。また、企業の事例発表のコーディネーターとしても2日間関わらせて頂きました。

 

組織開発において大切なことは、内省と対話です。個人の成長と関係性の深まりが組織力向上の鍵を握ります。ご発表頂いた先進的な企業事例もまさにその点において素晴らしい取り組みでした。

 

一方、組織開発という分野は、これまで国内で十分な注目を集めてきたとは言えない分野です。実際、経営学部や商学部を持つほとんどの大学や大学院で組織開発は科目として存在すらしていないのが現状です。今後、産官学がより深く連携して多くの叡智を共有し、組織開発が多くの大学や大学院で学べるように新たな流れを生み出していきたいと改めて思いました。

 

当日イベント概要はこちら↓

http://school.jma.or.jp/search/detail.php?seminer_no=2177&mmgn=3234

人材開発担当者はどうあるべきか?

2012年4月23日に日本能率協会マネジメントセンターの主催で『 今、人材開発担当者はどうあるべきか?~変化し続ける世界と向き合い、未来をつくる~ 』というタイトルのセミナーが開催されます。

 

八木は人材教育で連載してきた「内省型リーダーシップ」をテーマに同連載の共著者である永井恒男さんと一緒に、内省とリーダーシップについて連載では語りきれなかった部分をお話しさせて頂きます。私たちが担当するセッションのタイトルは「内省型リーダーシップの実践ー人事が変われば、会社が変わる」です。

 

当日は一橋大学の守島基博先生もご一緒に参加者の皆さんとワールドカフェ形式で、探求を深めさせて頂く予定です。人材開発のあり方が大きく変わりつつある今、ご関心のある方は是非お運びください。

 

当日のイベント概要はコチラです↓

http://www.jmam.co.jp/productservice/jinzai/seminar/1265908_10864.html

ダイアローグBar京都

3月6日にダイアローグBar京都にてお話をさせて頂きました。ダイアローグBarは、ゲストがお話をして、その後、ゲストの話に関連した話題でワールドカフェをするという形式の対話の場です。

【イベント概要】
http://positivelearning.seesaa.net/article/248429973.html

 

この日のファシリテーターは、西村 勇也 (NPO法人ミラツク代表理事/ダイアログBar 代表)さんと嘉村 賢州 (NPO場とつながりラボhome's vi 代表理事) さんのお二人。とっても温かくて素敵な場をつくってくれました。

 

普段関心を持って取り組んでいることを何でも好きに話してくださいという、うれしい投げかけを頂いたので、内省と対話という僕自身の研究テーマについてと、SV四国での取り組みなど色々とお話しさせていただきました。

 

内省と対話というテーマは抽象度が高い話なので、受け入れられるか気になりましたが、思いのほか盛り上がり、もっと聞きたいと言ってくださる方から終了後もいろいろとご質問やコメントを頂きました。会場の皆さんとのやりとりやワールドカフェもとても楽しく、あっという間の幸せなひとときでした。

 

皆さん、ありがとうございました。

 

当日の様子はこちらにツィッターのまとめUSTREAMの録画があります。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>

50ページ中
4ページ目