お問い合わせ

blog

SVP東京ネットワークミーティング 12月12日

 

◆第49回 SVP東京 ネットワークミーティング◆

 

〜忘年会スペシャル&SVPナイト!!〜
冬のソーシャルベンチャー・フェア

The 49th SVP Tokyo Network Meeting 2009年12月12日(土)

というイベントに私もソーシャルベンチャーズ四国の一員として出させて頂くことになりました.

同イベントのご案内ページはコチラ

このご依頼のお話があったときは,正直,「ソーシャルベンチャーズ四国はスタートしたばっかりだし,何を話したらいいんだろ???」と思ったのですが,畏友いのうえさんから「これまでのことをありのまま話してくれるだけでも価値があるから」と,背中を押すような呼びかけをもらったので思い切ってお受けすることにしました.

冬のネットワークミーティングということで,温かい場を皆さんと共有できたらうれしいなぁと思っています.

日経トップリーダー11月号 修羅場の後継学

遅ればせながらのご案内ですが,11月1日,日経トップリーダーの11月号が発売になっておりました.

今月の修羅場の後継学は「創業者の父が暴走し社内が大混乱に陥る」という事例です.親子という家族の関係性が企業内での上司と部下としての関係性にも強い影響を与え,複雑な状況が生み出されているケースです.

こうした複雑な状況にある親子間で,対話のきっかけや場作りをすることは,それまでの長いいきさつがあるために不可能のように思われていらっしゃる後継者の方もいらっしゃいます.しかし,そのような状況であっても後継者の方の内省による自己変革と,場作りの知恵を活かすことによって可能になる場合も少なくありません.誌面では紙幅の関係上その辺りのことを詳しくご説明できないのがちょっと残念です.



記事に関するご感想ご質問等はこちらからどうぞ.お返事は必ず出すようにしています.

ソーシャルベンチャーズ四国キックオフ!(愛と涙のAI編)

(怒濤のビールかけ編の続き)

キックオフミーティングの後半は,全員でAppreciative Inquiry (アプリシエイティブ・インクワイアリー : 以下 AI)に取り組みました.AIは組織における上下関係や部門の壁を超えて、価値やありたい姿を共有するプロセスとして知られ,多くの政府機関や企業等で活用されている組織開発のとても有効な手法です.AIはSVSではすでにこれが2度目の取り組み.





このように2人1組でお互いのストーリーや価値観,強みを知るインタビューセッションを持ち,



皆で気づきや発見をわかちあい,それらの気づきや発見を元に,私たち全員が大切にしたい価値観や創造したい未来をポジティブ・コアとして表現します.



用意した沢山の材料を使ってポジティブ・コアをオブジェとして表現します.



こちらのテーマは「愛の海賊船」.



こちらはダシが決め手の「おでん鍋」.

そしてさらにポジティブコアが最高に発揮されたときのSVSを想像し,それらをクリエイティブに表現するために寸劇にも取り組みました.



愛の海賊チーム.衣装から凝ってます.愛の海賊が世界中を航海すると楽しい仲間がドンドン増えて,トラブルもドンドン解決!



おでんチームも負けていません.左からおでんの具(こんぶ,タコ,スジ肉,ちくわ),おでん家の親父,客.

具材と親父のチームワークが客をうならす味のハーモニーを生む!



寸劇を終えて再び対話の場を持つと,壁を埋め尽くす位の沢山の気づきがポストイットに.こうした沢山の気づきを踏まえて私たちが目指したい姿を各チームが宣言文にまとめました.



その上で,「私の一歩」,SVSの各運営チームそれぞれの「私たちの一歩」をわかちあい,次回のミーティングの日程やテーマを決めた頃には時刻はすでに深夜12時近く.それでも今日一日があっという間に過ぎてしまったたというのが多くのメンバーから聞いた感想でした.楽しくて濃くて皆が1つになれた記念すべきキックオフでした.

みんな本当にお疲れさま!

そして最後になって恐縮ですが,この場を使わせて下さり,一日中快適な場を維持して下さった仏生山温泉の皆様,本当にありがとうございました!!!

<< 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 >>

50ページ中
17ページ目