お問い合わせ

blog

連載:内省と対話による組織開発の新潮流

生産性新聞(発行元:日本生産性本部)さんの8月5日号から5回シリーズで新しく連載を開始しました。

 

連載のタイトルは「内省と対話による組織開発の新潮流」です。

 

以下、第2回目の原稿の書き出し部分をご紹介したいと思います。

「筆者は、組織開発の核心は内省と対話ではないかと考えている。内省と対話は、人々が自分の判断を一旦保留し、互いへの敬意を持ちながら様々なアイデアや情報に対して先入観を持たずにその価値を探求する行為であり、深い相互理解と集団的な学習を促進し、内発的かつ深い変化を生み出す鍵として機能する。」

 

ご興味を持って頂ける方は是非お手に取ってご覧頂ければ幸いです。感想も大歓迎です。コチラからどうぞ。

 

生産性新聞さんは月3回刊行されているそうで、掲載されるのは以下の各号です。

【第1回】 8月 5日号

【第2回】 8月25日号

【第3回】 9月 5日号

【第4回】 9月15日号

【第5回】 9月25日号

 

なお、連載終了後は生産性新聞さんのホームページでも記事を読むことが出来るそうです。

釧路公立大学にて

釧路公立大学地域経済研究センターさんのご招待で、7月20日に「内省と対話が織りなす組織経営ー企業と地域の発展の原動力ー」と題して講演をいたしました。

 

講演といっても私が一方的にお話するのではなく、「内省と対話」の重要性と可能性について参加者の皆さんと実際に対話を通じて探求しました。

 

参加者の多くは、自治体職員や経営者、地元企業の方々、大学関係者でしたが、どの組織でも対話が不足している現状や対話をする以前の問題があるといったことなどが語られました。対話をする以前の問題とは、会議ではトップが怖くて本音を言える空気ではないといったことや、常に結論ありきの会議で異論を挟めないといったこと、あるいは自分の組織以外の方との対話は不可能に近いといった諦めの感覚などが挙げられました。

その後、参加者の皆さんとそのような状況に変化を生み出すいくつかの方向性やリーダーシップについてお話しし、1時間半の講演(ワークショップ?)はあっという間に終わりました。

 

釧路の皆様、本当に素晴らしい対話の時間をありがとうございました。

 

 

(北海道建設新聞:「互いの価値探求を」)

(釧路新聞記事:「組織運営に内省と対話を」)

ALiAーAuthentic Leaders in Actionー

6月18日から23日にかけて、カナダのハリファックスにて開催されたALiAーAuthentic Leaders in Actionーに参加してきました。

ALiAは、transformational learningのための場であり、世界中の様々な分野でリーダーシップを発揮されている方々が集い、共に学び合う場です。

(写真:ALiAでのワールドカフェ)


私も、日常をちょっと離れて、世界中から集ったリーダー達と共に世界の声に耳を傾け、対話し、内省して過ごしました。 答えやスキルを得るというよりも、ただ起こっていること に注意を向け続け、問いを受け取り続ける、そんな誘いを 受けながら過ごす1週間でした。

ALiAのプログラムには様々な講演やワークショップがあり、私は『リーダーシップとニューサイエンス』の著者であるマーガレット・ウィートリーがファシリテートするコースを受けました。彼女が提供したコースは、人が心に抱える「希望と怖れ」をテーマとしたワークショップで、私自身にとっても深く自分自身を見つめ、熟考する機会になりました。

(写真:マーガレット・ウィートリー)

 

日本人の参加者は私を含め8人ほどだったのですが、震災から1年を経て今感じていることをそれぞれがストーリーテリングするという貴重な機会も設けて頂きました。私自身は、自分の経験をストーリーとして語ることを通じ、不確実な世界の中を生きているという現実に改めて向き合うことが出来たように思います。

 

ALiAという場の、非常にユニークな特徴の1つとして、日本的な文化を取り入れており、日本へのレスペクトがとても強いということが挙げられます。一例を挙げると、場を始める時に「礼(Vow)」をするということがあります。マーガレット・ウィートリーは、礼の背景にあるものについて次のような説明をしてくれました。

 

ー自分の行動に責任をとり、互いの学びをサポートしようとする姿勢

ー未知のことに仲間と共に飛び込む覚悟

ー怖れと不安定さを探求しようとする意志

 

まさに、学ぶことは変わることであり、それを真摯に追求しようとする姿勢が礼として表現されていることを学ばせてもらいました。日本人としてカナダで礼について学ぶとは思ってもみませんでしたが、とてもよい機会でした。

 

この他にも書道や合気道など、いずれもアメリカ人の達人による指導を受ける機会がありました。日本の文化の持つ形の奥にあるものを色々な形で学ぶ機会にもなりました。

(写真:書道のワークショップ)

 

ALiAでは、多くの時間を通じて、自らのあり方が問い直されました。そのことは同時に、私にとっては、今を生きる、つまりマインドフルであるということの探求でもありました。五感を使って世界を感じ、只世界に自分を開こうとする、そんな時間を持てたことは私にとってとても豊かで発見の多い時間でした。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>

50ページ中
1ページ目